社寺建築
2013年9月7日

桑原稲荷神社(静岡県伊東市宇佐美)に水盤舎を寄贈・奉納(2013年6月5日竣工)


わが社の棟梁が宇佐美に作業場を構え、ちょうど四半世紀(25年)が経ちました。
日本の優れた建築技術の継承と、地元地域への恩返しの意味も込めまして、この度、水桶しかなかった神社に水盤舎を寄贈・奉納しました。
2013年6月13日、町内の方々と無事に「奉納奉告祭」を執り行うことができました。この模様は、「伊豆新聞」に記事として取り上げていただきました。

建物の命、原寸図を起こしたのが4月。

本業の合間を縫いつつの施工となりました。

屋根の中には、棟札も入れました。

奉納奉告祭の様子