住宅・古民家風住宅
2016年5月23日

人にも地球にもやさしいエコな住まい


FB工法とは、従来と何が違うのか?

まず国内トップクラスの『高断熱・高気密 次世代型省エネ住宅』である事

 

伊東市宇佐美 加藤邸を例にしてみましょう。

まず、竣工時(2016年 4月)に気密テストを行いました。

DSC_4632     DSC_4634

 

その結果… この住宅の相当隙間面積は

現在の【省エネ気密基準C】をさらに上回る

 

    0.2 ㎝/㎡

           

 

そして、1次エネルギー消費量は

【低炭素基準】を大きく上回る

 

    488 MJ / (㎡・年)

      

 

平成25年基準 『HEAT20グレード』もクリアしております。

          

 

聞きなれない言葉が並んでしまいましたが…

結局、何が素晴らしいのか?

『高気密・高断熱』にする事により

少ないエネルギーで家中を快適に出来るという事!

 

余談ですが。。。

以前住んでいた賃貸アパート (2DKー 約40㎡)の光熱費が

● 電気          8,645 円 / 月   

● ガス     10,679 円 / 月

● 光熱費計   19,324 円 / 月

 

2016年 5月 の光熱費  (延床面積 約 110㎡)

○ 買電     -5,171 円

○ 売電     20,427 円

○ 計     +15,256 円 の黒字

 

条件により、月ごとの変動はあるでしょうが…

 

つまり… 以前より   34,580  お得なわけです! 

 

住宅ローンへの負担も減るという物ですネ♪

だから

少ないエネルギーで、地球にも人にもやさしい住宅なんです♪