ご案内
2013年10月31日

復興支援活動(宮城県七ヶ浜 2012年6月12-14日)


東日本大震災ボランティア体験から感じること

昨年(平成23年6月)気仙沼、今年(平成24年6月)仙台七ヶ浜にそれぞれ5日間のボランティアに参加させていただきました。つらく、むなしく、怒りを感じた日々でした。

一年の間に復興はほとんど進んでおらず、夢もなく、希望もなく、ただ時間だけが無駄に過ぎているように感じました。ただ、救いは、七ヶ浜だけでも毎日100名を超すボランティア参加者がいることでした。

民主主義の選挙によって選ばれた政府ですが、とにかく対応が遅い。指導なく、行動なく、計画も理想も語らず。それで、日本赤十字に集められた募金はどこに使われているのでしょうか。