住宅・古民家風住宅
2012年8月7日

伊東市浮山に健康に気遣い、安心・安全、日々の暮らしを楽しむことが出来る家が完成しました。「 I 邸 」


外部は、燻し日本瓦に、チタンの腰葦にした当社の得意とするムクリ屋根です。この他、外壁は京砂壁と化粧柱が付いています。

家は遮断熱シートで家全体を囲い、機械を使わない通気工法です。家の中の温度差を出来るだけつくらないようにし、壁は調湿機能、消臭・除菌・抗菌機能、防火性能にとても勝れたホタテと珪藻土の壁を使用しています。お客様は“空気が違う”と喜んでおられます。

室は数寄屋造りと

大きな古材の柱や梁を化粧した力強く天井の高い室があります。見学のお客様のお好みにより、評価はそれぞれ分かれますが、“どちらの室も素晴らしい”と、お褒めの言葉をいただいております。

床材は、楓と杉・松を使い、素足の生活が何ともいえない感覚です。

玄関の敷台は杉中杢のムク材(2.4m×1.0m)を亀甲削り仕上げにしました。足触りがとても良いと喜ばれています。